個人指導部

自宅でできる個人に合わせた指導

塾が遠くて通えない...
教室まで来会することが難しい。

憧れの大学・難関大学 ...
憧れの大学、難関大学を卒業した先生、または在学中の先生に教わりたい。

感染症が心配 ...
感染症が心配で、なるべく外に出たくない。

部活が忙しく帰りが遅い...
部活が終わって、家に帰って着替えてから塾に行くのが大変。

受験校クラスの途中入会の場合...
遅れてしまった部分を取り戻したい。

このような多種多様な希望には、何百人という生徒を対象とした、不特定多数の平均で行われるような授業で対応できるものではありません。個人指導によるしかないでしょう。
当会では入会と同時に個々の生徒に合わせたスケジュールをたて、目標を明確にし、それに従って毎回の授業を進めます。さらに随時スケジュールチェックを行い、常に適正な方法へと軌道修正してゆきます。

オンライン個人指導の様子

どのようにオンライン指導を行うかは下の動画をご覧ください。

生徒と講師の顔だけ、または生徒と講師の手元だけのオンライン指導ではなかなか対面と同じような指導にはなりません。
例えば、生徒の手元だけが講師側のパソコンに表示されていると、顔が見えないため解説の際、生徒が内容を理解しているのか、していないのか判断が難しくなります。
逆に顔だけがパソコンに表示されていると、演習の際、どこまで進んでいるのか、正しい式をたてているのかなど確認するのが難しくなります。

これらを解決するため、手元も顔もパソコンの画面に表示される完全双方向のオンライン指導で指導いたします。


個人指導部(オンライン)のシステム

入会までの流れ

オンライン授業の仮申込

オンライン個人指導申込フォームに必要事項を入力し、送信してください。

ウェブカメラや案内の送付

申込が確認されると、オンライン指導で利用するウェブカメラ等をご自宅に送付いたします。到着までお待ちください。

プログラムのインストール

お持ちのパソコンに、授業を受けるために必要なプログラムをインストールします。
こちらから送付した書類を確認しながらインストールしてください。

受講環境テストの申込み・実施

授業を行う前にネット環境やパソコンのスペックが授業に適しているかテストを行います。
まずは受講環境テストの日時を設定し、受講環境が整っているか確認します。

面接

受講環境テストに合格した場合、面接を行い、本人の希望や目標を明確にします。

入会

入会手続きを行い、授業日を決定します。

授業(計2時間)

各種チェックテスト→予定に沿った授業→授業内容の演習→演習問題のQ&A
※やむを得ず欠席する場合、1週間前までに届を提出すれば他の曜日に振り替えることが可能です。

スケジュールチェック

担当スタッフが授業の進行状況をチェックし、適切な方向へ軌道修正します。
その一助として当会ではコンピュータおよびファイリング システムを導入、万全の体制を整えております。



オンライン個人指導申込フォームはこちら

時間帯

通常授業
月・火・水・金 19:15 〜 21:15

講習(春、夏、冬)
2限 13:00 〜 15:00
3限 15:30 〜 17:30
4限 18:00 〜 20:00
※春期講習は3限までです。
1限(10:00~12:00)は対面授業のみ開講しています。
  • 当会オリジナル編集プリントのファイル用書庫およびコンピュータシステム
  • 統合化されたファイリングシステムの導入(必要な文書をボタン一つで即座に取り出せます)
  • 本部と教室とを結ぶコンピュータを動かす、代表自身が独自に開発した巨大ソフトウェア

巨大ソフトウェアの詳細はこちら

生徒の予定は、相談のうえ画面上で組むため、いくらでもその生徒に合わせて柔歎に対応できます。また、その日の予定の進捗状況は(当日の控えは、毎回渡しますが)、手書き文字のOCR読み取りによる自動入力により、直接コンピューターのファイルに書き込まれ、1ヶ月に1度どんなプリントをやり、どんな講師がついてどこまで終了しているかという詳細な報告書を自宅に送付致します。
しかし、コンピューターはあくまでも手段です。やはり教育は”人から人に伝えるもの”という信条は不変です。ただ、使用するはずのプリントが用意されてなかったり、講師の数が不足するといった、いい加減な状態を作り出さないためにコンピューターは使用されています。